出演者

友吉 鶴心

友吉 鶴心(薩摩琵琶奏者)

Kakushin Tomoyoshi
(Japanese lute player)

幼い頃より様々な日本文化・芸能を学び、両祖父の偉業である薩摩琵琶を鶴田錦史に師事。祖父の名跡を世襲。宮家御前演奏の栄を賜るほか国立劇場、東京都、台東区等の主催公演をはじめ様々なジャンルとセッションを重ね国内外で活躍中。
文部大臣奨励賞、NHK会長賞等受賞。
日本文化芸能の普及の一環としてNHK大河ドラマ、スペシャルドラマの芸能考証・指導を勤める。

神田 松之丞

神田 松之丞(講談師)

Matsunojo Kanda
(Professional storyteller)

平成19年11月三代目神田松鯉に入門。
24年6月二ツ目昇進。27年10月「読売杯争奪激突! 二ツ目バトル」優勝ほか、29年3月「平成28年度花形演芸大賞」銀賞受賞。
「連続物」と言われる、宮本武蔵全17席・慶安太平記全19席・村井長庵全12席・天保水滸伝や「端物」と言われる数々の読み物を異例の早さで継承した講談師。持ちネタの数は10年で130を超え、講談普及の先頭に立つ活躍をしている。

尾上 菊之丞

尾上 菊之丞(日本舞踊・尾上流四代家元)

Kikunojyo Onoe
(Classical Japanese dance. the fourth Head of the Onoe school)

昭和51年尾上墨雪(二代目尾上菊之丞)の長男として生まれる。2歳から父に師事し、昭和56年「松の緑」で初舞台。平成2年尾上流・尾上青楓の名を許される。23年尾上流四代家元を継承し三代目尾上菊之丞を襲名。
19年「NINAGAWA十二夜」で歌舞伎の振付を努めて以来、宝塚歌劇団や万博、ラスベガスでの歌舞伎「鯉つかみ」、フィギュアスケートとのコラボ新作歌舞伎「氷艶 破沙羅」など幅広い分野で振付・演出を手がける。

尾上 右近

尾上 右近(歌舞伎俳優)

Ukon Onoe
(Kabuki actor)

平成4年清元宗家七代目清元延寿太夫の次男として生まれる。曾祖父は六代目尾上菊五郎。
12年、7歳で歌舞伎座「舞鶴雪月花」の松虫で本名の岡村研佑で初舞台。17年新橋演舞場「人情噺文七元結」長兵衛娘お久ほかで、二代目尾上右近を襲名。30年1月七代目清元栄寿太夫を襲名。同年4月5月松竹座・御園座「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」で市川猿之助とダブルキャストで主演。
29年国立劇場奨励賞、30年国立劇場優秀賞、松尾芸能新人賞を受賞。


演目

琵琶 壇の浦

講談 扇の的 神田松之丞

舞踊×琵琶 忠度 尾上菊之丞×友吉鶴心

長唄 静と知盛 尾上右近

おもてなしガイド

公演中に、英語・中国語での解説をご覧になれます。
上演前に、アプリ「おもてなしガイド」のダウンロードと設定をお願いいたします。

  • ※公演中、携帯電話の通話はご使用できません。
AndroidGoogle Google Play で手に入れよう
iOSApp Store App Store からダウンロード

お問い合わせ

NHKエンタープライズ内事務局
03-5478-8533 (平日10:00〜18:00)
koten@nhk-ep.co.jp